エラー:セッションへのテルネット接続の確立においてエラーが起こりました。

【対象】
Web版5250エミュレーターにおいて、ブラウザでアクセス用URLを呼び出した発生する場合のある以下のエラー
ID:ERR_TELNET_ONLINE_FAILED
MESSAGE:セッションへのテルネット接続の確立においてエラーが起こりました。

【想定される原因】

(1) Web版5250エミュレーターが導入されたWindowsとIBM i間でTelnet通信ができない。

(2) AutoMateからエミュレーター接続を行う際にワークステーションIDを指定しているが、
指定したワークステーションIDのジョブまたは対象の表示装置が
IBM i側で活動状態になったままになっている。

【対応方法】

(1)Telnet通信ができるようにする。

(2)Web版5250エミュレーターでは、サインオフした後ブラウザを「x」で閉じるだけでは
IBMの純正エミュレーターのように表示装置が非活動にはならない。
そのため、Web版エミュレーターの操作を終了する際は、ブラウザセッションを終了する前に
必ず「LogOut」ボタンをクリックしてから終了する必要がある。
LogOutボタンをクリックすることにより、IBMi上の対象の表示装置が非活動状態になる。

以下、Web版5250エミュレーターを終了する場合のサンプルを示す。
<AMBROWSER ACTIVITY="click" HTMLNAME="LogOut" SESSION="BrowserSession1" WAIT="YES"><HTMLATTRIBUTE NAME="type" VALUE="button" /><HTMLATTRIBUTE NAME="value" VALUE="LogOut" /><HTMLATTRIBUTE NAME="className" VALUE="cmd" /></AMBROWSER>
<AMBROWSER ACTIVITY="close" SESSION="BrowserSession1" />

Knowledge記事検索

Knowledge

News・Information