サーバー版(Enterprise)におけるサブタスクの扱いについて

【質問】
AutoMateのデスクトップ版(Pro, Premium)においては、登録されているタスクをパス記述で指定できるが、
サーバー版(Enterprise)では、サブタスクを選択しようとするとファイル選択画面が出現する。
ここには何を指定すればよいか。また、デスクトップ版のように登録されたタスクをパス記述で指定できないか。

【回答】
サブタスクには、拡張子「.aml」のファイルを使用します。
(デスクトップ版のように、登録されたタスクを指定することはできません)
拡張子「.aml」のファイルは、
タスクビルダーから、「ファイル」→「別名でコピーして保存」
とすることで生成することが可能です。
ただし、サーバーのデータベースに登録されたタスクの実体を後ほど編集しても
生成したファイルと同期をとってはいない為
もとのタスクを編集した際は再度「.aml」ファイルを
生成しなおす必要がある点にご注意下さい。
なお、Enterprise版であっても、サブタスクではなくタスク関数であれば
同様に使用することが可能です。

Knowledge記事検索

Knowledge

News・Information