トリガーとなったExcelファイルをタスク内で開くと追加でタスクが起動する

【質問】
トリガー条件を「ファイルシステムトリガー」とし、フィルターに「*.xlsx」を設定し
特定のフォルダにExcelファイルが追加された場合にタスクが起動するようにした。
その際、タスク内で「%AMTrigger.FileName%」を指定してトリガーとなったExcelファイルを開くよう
設定した部分を通ると、追加で同じタスクが起動してしまう(なおかつ、エラーとなり失敗する)。
原因、および対処法があれば教えて欲しい。

【回答】
トリガー条件を「*.xlsx」としているため、Excelファイルを開いた際に同じフォルダに作成される一時ファイル
「~$ファイル名.xlsx」も条件を満たしてしまいます。
該当の事象は、「%AMTrigger.FileName%」をそのまま同じフォルダで開いたことにより同じフォルダに一時ファイルが作成され
それがトリガーの条件を満たしているために発生するものです。

回避するには、Excelの一時ファイルにトリガーが反応しないよう除外する条件として
「~$*」または「~*」と指定します。
これにより、タスクの処理でトリガーとなったファイルを開いた場合も、追加でタスクが起動しなくなります。

Knowledge記事検索

Knowledge

News・Information