AutoMateから認識されず、入力も受け付けないアプリがある

【質問】
とあるアプリケーションを起動し、AutoMateの対話機能でオブジェクト認識を行おうとしたが、
赤色の枠にも緑色の枠にもならず、そのままマウスを放してもオブジェクトが取得できない。
なおかつ、「ウィンドウ」アクションで選択することもできず、「入力 - キーストロークの送信」を行っても
キーが入力されず、「入力 - マウスを移動」でマウスをスクリーン準拠で動かすとエラーになる。
これには、どのような要因が考えられるか。また、解消する方法はあるか。

【回答】
お使いの環境において、Windowsのユーザーアカウント制御(UAC)が有効になっている可能性が高いです。
自称の発生する対象のアプリケーションは、アプリケーションのインストーラーのように
「次のプログラムにこのコンピューターへの変更を許可しますか?」とメッセージを出すタイプの
アプリケーションではないかと思われます。

また、UACを無効にしていても、該当の事象が発生するケースも確認されています。
その条件としては、以下の2つを満たすものです。
・アプリケーションの設定の「互換性」において、「互換モードでこのプログラムを実行する」にチェックが入っている
・Windowsのコントロールパネル上ではUACがオフになっているが、レジストリの値
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\System
配下
EnableLUA の値が「1」になっている
この場合、UACの設定が完全にオフになっておらず、互換モード設定によりUACが反応し、同様の事象が発生することが確認されております。
その際は、アプリケーションの互換設定を切るか、「EnableLUA」の値を「0」に変更した上でWindows環境を再起動し、事象が解消するかご確認下さい。

Knowledge記事検索

Knowledge

News・Information