床の振動や人間のマウス・キーボード誤操作によるタスク失敗を防ぎたい

【質問】
マウスの座標位置を利用して自動化を行っているタスクがある。
そのタスクが稼動している途中で、オフィスの床の振動によりマウスが移動してしまい
結果としてタスクが失敗してしまった。
床の振動によりマウスが移動するケースはよくあることなので、AutoMate側でそれを防ぐ方法があれば教えて欲しい。

【回答】
「入力 - 入力をブロック」アクションを使用することで、対象のアクションを実行してから
タスクが終了するか、同アクションにて入力ブロックを解除するまでの間マウス・キーボードによる操作を受け付けなくなります。
ただし、こちらのアクションはAutoMate使用ユーザーがAdministrator権限を保有していなければ使用できません。

なお、入力がブロックされた状態を人間の手で解除するには、「CTRL + ALT + DELETE」をキー入力することで可能です。
それにより、入力ブロックの状態が強制的に解除されます。

他には、必要な場合以外RPA専用機のパソコンからはマウスを取り外し、床の振動や意図せぬマウス移動がそもそも発生しないようにすることも有効な手段です。

Knowledge記事検索

Knowledge

News・Information