コラム:変数の予約語・禁則事項について

本記事では、変数の予約語および禁則事項について紹介させていただきます。

■1. 予約語について
AutoMateでは、以下のような語句は予約語とされ、変数名として使用してはなりません。
1. BASIC Scriptキーワード、関数名、演算子
・date, time, now, Ubound, Num, などのBasic Fuctionと同じ名前
変数作成時にエラーとなります
・like, OR, AND, wait など、演算子およびBasic scriptキーワード
これらは変数作成時にはエラーになりませんが、変数を使用する際にエラーになります
2. Windows環境変数
・PATH, PROMPT, TMPなど
変数を作成する際には、「v_」や「var_」のような接頭語をつけて作成することで
予約語とのバッティングを確実に回避可能です。

■2. 禁則事項について
AutoMateの変数名は、数字から始めてはなりません。
(1_timeなどはエラーとなります)
同様に、データセットの列なども、列名が数字から始まっているとエラーになります。

以上です。
これらの事項を、変数作成の際にご留意下さい。

Knowledge記事検索

Knowledge

News・Information