Web版5250エミュレーターでのPCコマンドの実行について

【質問】
Terminal EmulationにてPCコマンド(STRPCCMD または STRPCO)を実行すると
エラーが発生します。WebエミュレータではPCコマンドは使用できないのでしょうか。

エラーメッセージ:
必要なPCプログラム(PCO.EXE)が活動状態になっていません。PCと連絡することはできません。再開始するためには、実行キーを押してください。

【回答】
STRPCCMDはIBMiの純正エミュレータより提供されている機能であるためTerminal Emulationでは使用いただけません。

なお、代替方法は以下のいずれかとなります。
■1. IBMの純正エミュレーターを「入力アクション」で操作
以下の手順で操作を実施するよう、処理を構築します。
1-1. Web版のエミュレーターを立ち上げて操作するのではなく、IBMの純正エミュレーター(Client AccessやACSなど)を画面として立ち上げる
1-2. 「入力」アクションにてカーソルやキーボード操作をする

例えば、純正エミュレーターでサインオンする場合には・・・
「入力 - キーストロークの送信」アクションにて
%ユーザー名%{TAB}%パスワード%{CTRL}
のように設定します。
(上記は、エミュレーターのキーボード設定がIBMデフォルトになっている想定です)

■2. STRPCOコマンドで実際に起動しているプログラムを直接実行する
STRPCCMDで実際に起動されているバッチなどのプログラムファイルやその引数が分かっている場合は、「実行 - 実行」アクションを利用して呼び出しているプログラムの実体をそのまま実行することも可能です。
(例:STRPCCMD内で「\\SERVER\FOLDER\PROGRAM.bat」を呼び出している場合は、「実行 - 実行」アクションで同プログラムを実行)

Knowledge記事検索

Knowledge

News・Information