Windows Update後に「Windowsフォアグラウンドタイムアウトを無効にする」のチェックが外れる

【質問】
Windows Update後、AutoMateから起動したアプリケーションのウィンドウがタスクバーで点滅し、裏で動作するようになった。
そのため、キーストローク・対話機能など一部アクションが失敗するようになった。

【回答】
1点確認ポイントとしましては
AutoMateタスクアドミニストレーターから
「オプション」→「システム設定」→「実行」→
→「Windowsフォアグラウンドタイムアウトを無効にする」
のチェックが外れていませんか?
もし外れている場合は、
チェックを再度つけたのち、「適用」してください。

こちらの設定内容は、AutoMate固有の設定ではなく
Windowsのレジストリ設定を変更する設定です。
そのため、Windows Updateにより
規定値に戻されてしまっている可能性が考えられます。
なお、該当のレジストリキーは
「HKEY_CURRENT_USER\Control Panel\Desktop\ForegroundLockTimeout」
です。

Knowledge記事検索

Knowledge

News・Information