ファイルシステムトリガーの設定項目「ポーリングモードを使用(5秒間隔)」について

【質問】
ファイルシステムトリガーに「ポーリングモードを使用(5秒間隔)」という項目がありますが、この項目にチェックを入れるのはどのような場合でしょうか。

【回答】
「ポーリングモードを使用(5秒間隔)」は、トリガー対象がIBM iの「統合ファイル・システム領域(=IFS領域)」の場合に使用します。
IFS領域をトリガー対象とする場合は、「ポーリングモードを使用(5秒間隔)」の項目にチェックを入れなければトリガーが起動しません。

ポーリングモードでは、リアルタイムで指定したフォルダをチェックする通常モードとは異なり、5秒ごとに1回指定したフォルダに対してチェックが行われます。
(一度、トリガーとして検知されたファイルは二度目以降は検知されません。)

なお、ポーリングモードにつきましては以下の不具合が報告されているため、
IFS領域をトリガー対象としない場合には、通常モードを使用することを推奨いたします。

・不具合内容
リモートサーバーのフォルダを監視対象とした状況下において、複数ファイルが同時にトリガーされた場合、まれにトリガーが動作しない場合があります。

Knowledge記事検索

Knowledge

News・Information