実行環境における注意(ディスプレイ、仮想環境およびログオン有無における使用可能アクション)

ディスプレイ接続の有無によっては、使用できるアクションとできないアクションがあります。
物理環境、仮想環境における使用可能なアクションは以下のようになります。

ディスプレイ接続※1
ログオン ログオフ(ロック) スリープ/スクリーンセーバー
物理環境
非対話型操作(例:WEBブラウザアクション)
〇※2 ×
物理環境
対話型操作(例:対話機能、入力、クリップボードアクション)
〇※2 ×
仮想環境
非対話型操作(例:WEBブラウザアクション)
〇※2 ×
仮想環境
対話型操作(例:対話機能、入力、クリップボードアクション)
〇※2 ×
ディスプレイ未接続
ログオン ログオフ(ロック) スリープ・スクリーンセーバー
物理環境
非対話型操作(例:WEBブラウザアクション)
× × ×
物理環境
対話型操作(例:対話機能、入力、クリップボードアクション)
× × ×
仮想環境
非対話型操作(例:WEBブラウザアクション)
〇※2 ×
仮想環境
対話型操作(例:対話機能、入力、クリップボードアクション)
〇※2 ×

※1 ディスプレイの電源はオフでも問題ないが、接続ケーブルあるいは電源コードは抜いてはいけない
※2 タスクに対して「ログオン設定」を行っている場合

Knowledge記事検索

Knowledge

News・Information